SDGs

SDGs
SDGs情報 イメージ画像

持続可能な開発目標 SDGs エス・ディー・ジーズとは

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、
2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。
SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

社会的責任指針

株式会社竹屋化学研究所は、経営活動を通して、社会に対して責任を果たし、社会とともに発展していくために以下の指針を掲げる。

  • 再生可能エネルギーの使用割合を拡大させ、地球温暖化対策に取り組みます。
  • 廃棄物と廃水の削減に努め、環境課題の解決に貢献します。
  • 長く安心して暮らせる、製品開発への努力をし続けます。
  • 社会環境の変化に対応し、より高品質な製品開発に挑戦します。
  • 安心して働き続けられる職場環境作りに取り組みます。

株式会社竹屋化学研究所は、経営理念を基盤とした戦略重視型の経営戦略を構築している。
この度、これまでの経営戦略策定プロセスに、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた組織の取組の観点を追加し、本業を通してどのように社会課題を解決するかについて、事業の中に明確に取り込み、ビジネスパフォーマンスの一つとして評価することをここに宣言するものである。

SDGs